エンタメ感想ブログ、

映画、本、漫画、ゲーム、イベントetc、いろいろなものの感想を書いていきます。役立つ情報はありません

キング・オブ・エジプト

劇場で予告を観て気になっていたもの。面白かったです笑

 

テキトーなあらすじ

人間のベックは神であるホルスと取引をし、大出世を遂げる。みんな光の神ラーのおかげ。

 

 

 

ベックは泥棒なんだけど、結構人間のできたやつで、ベックが成長する話ではなく、ホルスが人間のベックのおかげで成長する話。ザヤとは駆け落ちだったけど死んだザヤをよみがえらせるために、ただの泥棒とは思えないほど危険を冒すし命張るし神と取引するし化け物を前に囮になるし並の神経じゃない。ザヤの愛され具合がうらやましい限り。

 

人間より神様の方がサイズが一回り大きかったり、神々の体内を流れているのは血ではなく黄金なので神のキズからは金が流れたり、神はアイアンマンみたいになって翼が生えたり、ペットの大蛇が火を噴いたり、いろんな設定を合わせて何でもありなエジプトが面白かった。結構設定盛り沢山で、きっといっぱいカットされてんだろーなって思わせられる本編でしたが何も考えずに楽しめます。細かいことなどどうでもよい!

 

 

神さまの言うとおり

テキトーなあらすじ

福士蒼汰のネズミ着ぐるみ姿を見られる

 

 

邦画独特のフィルムカメラみたいな色彩が嫌いだし学園ものなんてもっと嫌いだし(いい年した大人の制服姿が痛々しいから)スプラッターに重きを置いているデスゲームも好きじゃないのですが(インシテミルの原作とかは面白かったから映像がダメなのかも)

なんでこの映画を観たかっていうと私は福士蒼汰が好きなんだけど福士蒼汰の演技1回も観たことないし福士蒼汰の声CMで「一口頂戴」しか聞いたことないので何か演技してるところ観たいなって思っている時Netflixで見かけたのがこの映画だったから。

実は招き猫終わったところで結末ググって観るのやめました。

結末見たら最後まで観なくてよかったです。福士蒼汰の無駄遣いです。

 

ストーリーを無視したとしても映像が陳腐なんですよ……。死体が陳腐なのかな。凄惨さがないというか……。

デスゲームはホラーじゃないし、スリルもないし(キャラクターたちから使い捨てみたいな匂いがして好きになれないから)、何を楽しめばいいのかわからないんですが、ただ一つ言えるのは福士蒼汰のネズミ姿を見られる。

「何させてんだ監督」って気持ちにもなる。

でも「イケメンの間抜けな姿を見られる」喜びもある。

変な映画でした。

もっとまともな映画観たい。

チェキが欲しいよぅ

ハロウィンでしたねー。

私も今年は(も?)ディズニーランド、シーでのDハロ、ユニバのホラーナイトにピンクセンセーションと、やりたいことは大体やりました。

ハロウィンって楽しいですよね。最近活気付いているイベントだからクリスマスに比べて若者のお祭り騒ぎ感が強くて特に好きです。っていうかクリスマスって繁忙期だし年末だし楽しくはない

 

ピンクセンセーションでも見かけたしディズニーでもキャストさんに撮ってもらったりして気になったのが、チェキなんです。以前欲しいって思ったけど使わなくなるかな?と思い直して、結局買いませんでした。でもやっぱり欲しい。

小さい頃こどもチャレンジか何かでポイント貯めると貰えるプレゼントの中にこういう、写真がすぐ出てくるインスタントカメラがあって、それが欲しかったんですよね。チェキではなかったと思うけど、オレンジっぽいやつ。

 

ところでチェキって言うとおそらく一番ポピュラーで価格も安く手を出しやすいのがinstax mini8+なんですが、これって海外ではカラバリが異なるということをご存じですか。

日本ではストロベリー、バニラ、ココア、ミント、ハニー。名前まで可愛い。それにチェキの中でも明らかに8+のページだけが若い女性を狙い撃ちにしていますね。

 

海外ではこれ(instax mini9という商品名ですが特徴を見るに8+と同じ)

コバルトブルー、スモーキーホワイト、ライムグリーン、フラミンゴピンク、アイスブルー。

 

黄色が欲しけりゃハニー一択ですが寒色好きは迷いますよね。ライムグリーンかアイスブルーかミントか……。私はアイスブルーかライムグリーンかフラミンゴピンクで揺れています。しかしながら8+の実物を日本で見たら写真を見て抱いていた色の印象と結構違う物だったので、写真だけを見てカラーを選ぶのかと思うとちょっとリスキーな気も……。amazonで買う分には、商品価格だけならそこまで値段の差はありませんが(1ドル114円計算で)なんか……amazonとはいえ海外のサイトにクレジット情報入れるの怖いなって思うの、偏見でしょうか。しかもカラーだけで。

 

そういえばチェキの中にはSQ10っていうチェキなのにデジタルといういいとこどりみたいな商品があるんですけど、割と癖のある商品でなぜかフィルムが四角いんですよ。しかもその四角いフィルムが高い上に可愛くない(miniサイズにはキャラクターコラボのフィルムとか、白無地以外も多い)。一番よく売っているフィルムサイズでハイブリッドにしてよ!そしてあくまでもチェキなのに「デジタル」とついた瞬間Wi-Fiがなくっちゃとか思う笑

あと、結構高い。amazonで28,000円なんだけど私ならそのお金で単焦点レンズ買う。……とか書いていたら単焦点が欲しくなってきた。

 

来年2月にアメリカ行くのでお金なくて今月は何も買わない、支払う先はNetflixとHuluのみと決めているのでブログでも書いてこの行先のない物欲を一時的にでもおさめようという記事でした。

 

 

 

アデライン、100年目の恋

テキトーなあらすじ

セリーナアデライン(ブレイク・ライヴリー)はたまたま歳をとらなくなり、ジェニーという名で鯖を読みながら暮らしていたところ、エリスと恋に落ちる。

 

 

 

う~~~~~~~ん。ふつう!

あらすじ読んだときは面白そうと思ったんだけど。

多分尺が短いのと、100年っていうのが意外と短い時間であったのだということが原因かな。

実際100年って短いんですよね。100年くらい生きる人いるしさ。

周囲の人間と同じ時を歩めないこと、身分証明が大変なことは作中で言及されているけど、娘も存命だし、こういうのにありがちな「みんないなくなってしまった……」っていうのがないし、同じ時を歩めないとはアデライン本人の口から娘に対して出てくるだけで、実際それで去るはめになった恋の経験等は少なくとも作中では見せられないし、アデラインがこの100年、エリスに出会うまで何を思ってどんな風に過ごしてきたか、いまいち苦労が伝わってこない。

もっと言うとエリスの父にあうまで、なぜ人生経験豊かなアデラインがエリスに惹かれているのかもよくわからなかった。

おそらくエリスにウィリアムと通じるようなところがあって(無意識だと思うけど)、それって簡単に言うと思い出補正ですよね。ウィリアムの愛は感じるんだけどエリスからの愛はいまいち感じられないというか、並大抵の愛情くらいにしか感じられないのがさらに惜しいよ……。

エンディングも、アデラインの不老が取れて今の状態からエリスと共に老いていきますっていうのは、このシナリオできているとあまりにもご都合主義で、何か犠牲があってもよかったんじゃないかと思えてなりません。

 

それにしてもかつて愛した女性が老いることなく生きていて息子と恋に落ちているのはどういった感覚なの……。ウィリアムは不完全燃焼の恋だったけど、アデラインにとっては完全に過去のものであるのが切ない。

 

作品の中で言う「美人キャラ」「モテキャラ」の類で最も説得力があるのはブレイク・ライヴリーだとゴシップガールの頃から思っていたので彼女が魅力的な女性であることに異論はない。この華々しい美貌を見つめて居られた2時間ではあったけど、ストーリーから何かを得られる2時間ではなかった。

 

ブレイク主演のロスト・バケーションはA級サメ映画らしいのでそちらに期待します笑

マリーアントワネットの結婚

ヒルトン東京のマーブルラウンジで開催されているデザートビュッフェ、マリーアントワネットの結婚に行ってまいりました~!

相変わらず人の多いこと。

ここのビュッフェは去年の「恋するプリンセス」にも行っているのですが、そっちよりおいしかった気がする(今回は、前回いまいちだったカップケーキやシューを食べていないのでそのせいかも)。

 

f:id:entertainmentstar:20170915211257j:plain

f:id:entertainmentstar:20170915211316j:plain

写真を撮るなら終わりごろがいいかも。取っている人も少ないし。

f:id:entertainmentstar:20170915211201j:plain

f:id:entertainmentstar:20170915211337j:plain

 

左上のケーキが、「マリー・アントワネット アンティークケーキ」。倒れているけど。マリーが実際に好んだと言われるケーキ、らしいです。でもこれ、ケーキの中では一番おいしかった!ここのケーキは超甘いのですが、それほど甘すぎず……。右下のプチタルトもおいしかったです!クグロフもレモンスコーンもおいしかったし、あれ、この写真のものはほとんどおいしかったかな……。ど真ん中のケーキだけ、うーんでした。

母といったのでほとんどのものを半分こずつしました。ちょっとずつ、いっぱい食べたい!

 

アイスも食べたかったけど、さすがにお腹が……。

給食に出てくるみたいなスープがおいしくて3杯のんで、紅茶も3杯飲んでいたらその後トイレを見かけるたび駆け込むはめになりました。

 

デザートビュッフェってそんなに量は食べられないけど、大量のケーキを目の前にして味見するみたいな感覚が好きだなあ。

 

マッチングアプリ pairsを始めてみた

ブログの趣旨に合ってないよねこれ……?まあ興味ない方はサクッとスルーしちゃってくださいな

まだ始めて1週間も経ってないけど、私には向いてないということがよくよくわかり始めています。

 

マッチングアプリとは

出会い系と何が違うのかよくわからないけど、別物らしいです。女性誌に載るのがマッチングアプリで、アヤシイのが出会い系なのかな?かく言う私も女性誌の特集見て登録しました←ちょろい

 

pairsとは

マッチングアプリ で検索するといくつか該当するサービスが出てくるが、良くも悪くも特徴がなさそうなやつを選択。特徴的なやつはユーザー層が偏っていそうだからね。

 

この辺で一度たたみます

続きを読む

DEATH NOTE Netflix版

な、なんだこれは? 私は何を見せられているんだ? 新興宗教が生まれる過程? DQNカップルが快楽殺人を楽しんでいるところ? それともファッキンクソ映画?

 

スパイダーマン上映前の予告でこれがあって、予告は結構面白そうだったんですけどね。基本的に評判のいい映画しか観ないので世の中にはこんな駄作も存在しているんだなって感じ。

 

ライトがすっごくバカなのでもう……もう……。成績はいいみたいだけどこの設定外せば??バカな上にリュークの姿見て「きゃあああ!」って言うので小物感すごい。

ミアにあっさりノートのことを話し、ケニーを殺したの僕なんだ!と明かした上目の前で立てこもり犯の名前を書いて見せます。どうですかこれ。実際こんなことされたら性悪根暗っぽくてドン引きだと思うのですがミアも一緒に正義の味方を気取りたいのか?

ケニーなんてただのいじめっ子なのに、顔見知りが死ぬのに、「頭部切断」なんて書くか?手軽な殺人を繰り返すうちに感覚が鈍るならともかく最初からこんな感じなのでドン引き以外の何物でもないし、スプラッターだし、へたくそで聞き取れない日本語なのに日本語だから字幕なくてわかりづらいし、見てたらライト以上に頭沸いてるのミアだったし、ドラッグでもキメてんのか? そして全部自分で蒔いた種なのになぜか苦しみ始めてもうついていけない。1時間40分の無駄。

 

Netflixに言いたい……もうちょっと真面目にやってくれる?