月と星のエンタメ感想ブログ、

映画、本、漫画、ゲーム、イベントetc、いろいろなものの感想を書いていきます。役立つ情報はありません

白鳥の湖(ヌレエフ版)

パリ・オペラ座バレエ団

 

ブラック・スワンっていう映画を観たことありますか?

あれは主役に抜擢された主人公が、生来の性格だとオデットは踊れるけどオディールの魅惑的な踊りを演じきれないというプレッシャーに耐え兼ねて次第に幻覚とか見始めるんですよ。一人で性格のまったく異なる二人を演じなければならない。ましてやバレエはセリフがない分、踊りと表情だけで表現しないとならないんですよね。

それがオペラ座バレエ団でのことだったら凄まじい重責だろうなー。

アニエス・ルテステュは完全に演じ分けできてて、オデットのか弱い乙女風演技からオディールの自信に満ち溢れ、王子を誘惑する演技まで完璧。観客からすれば見分けがつかないはずないだろと思うのですが、王子はまんまとオディールに夢中になる。オディールの表情が、ロットバルトを見る時には「うまくいってるわ」みたいな笑顔なんです。

 

白鳥の湖にはハッピーエンドとバッドエンドが存在し、このヌレエフ版というのは割と救いのないタイプのバッドエンド(救いがあるバッドは天国で結ばれるパターンかな)。

私が小さい頃読んだ絵本では死んだけど強い愛の力で甦りましたとかいう力業タイプのハッピーエンドでした。

でもこれでロットバルトと戦って、勝てば呪いが解けるのだとしたら、愛の誓いとは? ってなるのでバッドエンドが筋は通ってるかな。

私が持っている白鳥の湖のCDは、この舞台だと王子が敗れるところの音楽で幸せそうな旋律があるので多分ロットバルトを倒したエンドなんだと思った……。

 

冒頭、王子が見ている夢のシーンから始まり、姫が悪魔に攫われるのを見る。

そこへ家庭教師がやってきて王子を起こすのですが、家庭教師(=ロットバルト)役のカール・パケットが凄まじい美貌なので王子が霞んでいる。

王子が霞んでいるのは何も顔面の差だけではなく、この王子って頼りなくてマヌケなんですよね。オディールに誘惑された後のうきうきなヴァリエーション、観客からすると幸福になる壺とか買って喜んでいる人を見ているような気持ちになるわけで……。

家庭教師と王子が踊る場面も、家庭教師がリードしている。

 

狩りでオデットと出会い、一目ぼれし、結婚します! と誓う王子。

夜明けとともに白鳥に戻り飛び去るオデット。

花嫁を選ぶ舞踏会に遅れてやってきたロットバルトとオディール。

ロットバルトは娘を愛してる? 結婚する? じゃあ誓って! と再三確認するものの王子は即答。秒で誓った直後に嘆き悲しむオデットの姿を見て後悔する。

ちなみに王妃には「この人美しいので結婚します」と伝える。顔かい。

オディールに愛を誓うと一瞬にしてあたりが暗くなり、王子が王妃に泣きつく。

王妃も卒倒。「このバカ息子……」って感じ? 事情を知らない人にしてみれば何が何やらさっぱりだと思うのですが。

 

その後の白鳥たちの踊りがまた美しいんですよ~オデットの悲しみはまた、オデットとともに白鳥となった他の娘たちのものでもあるんですよね(?)。そうだよね? オデットに愛を誓ってたらみんな戻れるんだよね?

 

そこに王子はオデットに詫びてんのか悔やんでるのか知らないが二人で悲しみ、そこへロットバルトがやってきてオデットを攫って行く。冒頭の夢と同じように。

 

小さい頃なぜロットバルトの娘であるオディールがオデットと瓜二つなのか不思議で不思議で仕方ありませんでした。血の繋がりでもあるのか?

今も不思議に思っていますがきっと突っ込んじゃいけないところなんだよね。

オデットが呪われてる理由も気になるし……。

 

 

このヌレエフ版は王子の深層心理を表現しているとか(手の届かないオデットという理想の存在)、解釈 でググると小難しいこといっぱい書いてあります。

でも一番ぐっときたのはラストシーンから冒頭に戻り、終わらない悪夢の中にいる というやつです。つまりラストシーンもまた夢なんでしょうか。覚めない夢というのも素敵ですよね。たとえ悪夢だとしても。私は夢の世界とか日常と繋がりのある別世界表現大好きなので……。

 

とにかくカール・パケットが死ぬほどハンサムで舞台の上で光ってるので彼が出てる他の演目も観ようかな~と思っているところ。

美しい男が好きな人はみんな観るべき。

 

どうでもいいことなんだけど、「考える」というマイムがどうしても「頭くるくるぱー」のジェスチャーに見える……。

 

 

 

 

 

 

デッドプール2

めっちゃよかったです

 

テキトーなあらすじ

ファミリー映画だった……

 

 

デッドプール」は映画館で観たんですけど、期待値マックスだったせいかそんなに面白くなかったので2は観なかったんですよ。でもビデオマーケットにあったから観た

 

最初の30分くらいはやっぱりそんなに面白くなかったんですけど、Xフォース結成からは本当に面白かった!

面接の時にきた酸性のゲロ吐くやつがイケメンだったので一瞬で目が釘付けになりましたがすぐ死んだね……悲しみ……。

調べたらペニーワイズの人だった。この人が素顔で長々出てる映画を観たい……顔が……顔がいい……。

そしてヘリから飛び降りる時にThunderstruckが流れたので私のテンションとこの映画に対する評価が上がりました。AC/DCの中で一番好きな曲だよ。

でも予告から想像していたよりは、ドミノが目立たなかったかなあ。

そして前作同様、ネガソニックがびじーん!

ユキオの「ハーイウェイド」が可愛い。姿はコスプレ忍者だけど。

 

ケーブルが戻らなくてもぬいぐるみが綺麗な状態になったことで未来が変わったっていう演出が好き。そしてデップーを助けるためにタイムマシンの1回を使うのも。正直制御装置が実は壊れていたとか死んだあとも外せばヒーリングファクターが作用するとかかと思っていたので。ヒーリングファクターも死んでからは作用しないのかな? 作用したら抜け道がありすぎるか……。

 

映画でのデップーって別にそこまでヒーローの枠を外れていないというか、キャラクターとしては異色かもしれないけどストーリー自体は普通にヒーローものと感じるので、自著売るために戦争起こすくらいのことはやってほしいなあ。

 

 

トイストーリー

トイストーリー観たことないって言うと高確率で驚かれるけどなんでみんな観てんの?

 

観たことないって言って「え、観る必要ないよ」って言う人どんな映画でも絶対いるけど、トイストーリーに関してはこう言ってくる人いないんですよね。

 

20ピー年生きてて観る機会なかったので積極的に視聴しました。ビデオマーケットで。

いい時代だよなあ……もうツタヤなんか行かないよ。時代はストリーミングだよ。つまらない注意とか予告とか見させられないもん。返却しなくていいし……。観たい気分はいつも唐突だし……。

 

テキトーなあらすじ

みんな知ってるよねっ

 

 

これを観終わった後、「ペット」はトイストーリーのパクリだって言われたんじゃないの? と思ってググったらやっぱり言われてた。

私「ペット」は映画館で観たんですけど、トイストーリーと大体一緒なんですよ……身も蓋もねえ……。

でもこういう展開大好きなんだよねー!

お約束かもしれないけど困難乗り越えて最高の相棒に成長するバディものとか大っ好きなんだよねー!ズートピアのことじゃん……みんなズートピア観て……私はあれ2回レンタルした上に結局BD買って10回くらい観てるから……何度観ても飽きない……マジで飽きない……。

 

バズも好きだけどスリンキーとか恐竜も好き。

恐竜の声がかわいい。あ、吹き替えで観たんですけどね。

シドの家でウッディが必死に弁明していて、スリンキーがとても信じられないけど、でも信じたそうにしているのがすごくかわいい……。

ウッディの新人いびりにバズがまるでこたえてなくて、仲間もまるで同調しないので安心して観てられます。

新人を歓迎してあげられないリーダーって……って感じではありますが、もちろんおもちゃは持ち主に気に入られることがすべて。

壁のポスター、ベッドカバーなど、じわじわと居場所がなくなっていく様子、ウッディが焦るのもわかる。バズがなくなったり壊れたりしたら悲しむのはアンディだけどね。

 

おもちゃが夜中に動いてるかもって、小さい頃想像しませんでしたか?

私はこういうのすごく想像するタイプで、たとえばクッキーの缶とか、「蓋閉めた後このクッキー1種類だけだと寂しいかも……」とか余計な気遣いをして2枚残したり、「このクッキーとこのクッキーは仲が悪いかもしれない……」とか考えたりしてました。ちなみに今はクッキーに対してまでこんなこと考えません。

子ども心に「一生お菓子の缶にこんなこと考えてるの疲れるな」とか思ってたので、いつのころからか考えないようになってありがたいんだけど、この映画観てたら忘れていた謎の幼い気遣いを思い出しました。

 

2は本当に面白いのかなあ……ファインディングニモは死ぬほど面白かったけどドリーは普通だったからなあ……。

 

 

 

犬ヶ島

後ろにあるプロメテウス火山みたいなやつってフジヤマ?

 

テキトーなあらすじ

ドッグ病の蔓延によりすべての犬がゴミ島に移されることになったメガ崎市。市長の養子である小林アタリは自分の犬のスポッツを探しにいく。

 

このあらすじ見て犬が死ぬ映画だったらやだな~と思ってましたがそんな心配はなく、最初は笑えるシーンも多い映画でした。犬5匹のやりとりが面白い。

 

私は吹き替えで観ていたんだけど、本来人間は日本語を喋り(字幕なし、たまに英語の通訳)、犬が英語を喋っているらしい。これ吹き替えで観ちゃうと犬とアタリが難なく意思疎通できるものと誤解しちゃうよね……アタリ片言っぽいけど一応同じ言語だから。今から観る人は字幕をおすすめします。

吹き替えでもニュースキャスターなんかは英語で喋って字幕がつきます。

なまじ日本語が分かると日本語も「聞き取らなきゃいけないセリフ」なのかと思ってしまいますが、人間の喋ってる日本語は聞き取らなくてオッケー。アタリも含めて日本語スピーカーはもごもご喋ってる上棒読みなので聞き取りづらいです。

 

この映画を最初に知ったのは批判記事で、文化盗用だとか、野蛮な文化を正す白人のキャラクターだとかが批判されてて、読んだときは「別によくない?」と思ったのですが、確かにトレイシーはかなり不自然に思えるんですよ。

しかもめちゃくちゃウザいのでこいつが出てくるメガ崎市シーンはちょっと辛い。

性格(話し方か?)もだけど、なんで交換留学生が留学先の市政に首突っ込んでんのかなって……余計なお世話だよ~

白人云々とかいう以前に留学生にこんなこと言われても説得力ないよ。現に小林市長にまるで響いてなかったし。

 

文化盗用に関しては日本人ってルーズですよね。文化盗用と言われて盗用された側の日本が騒いでいるのを見たことがない……。日本人だってヨーロッパの文化を一色田に扱いがちだと思うし、外国人が想像するなんちゃってニッポンはそれはそれでよかったりするから。でも小林市長が聞いて心を入れ替えるほどのアタリが詠んだ俳句が謎俳句なので盛大に疑問符が浮かんだあと若干しらけます。そういう肝心なところこそ……日本人スタッフに聞けよ……。

通訳が涙ぐみながら「訳は後程」とか言いますが結局訳が出てこないのでどういう意味の句かわかりません。

なんとなく冒頭の方で渡辺教授も言っていた、「犬はどんな時でも人間の友では?」と似たような主旨かなとは思うけれども……。

 

 

映像はすごくいいし犬たちがコミカルでテンポもよく面白いけどトレイシーのウザさと謎俳句の威力は前者を霞ませるレベルだった。冒頭は……すごくいいのに……。

NW-ZX300にMDR-1AM2を添えて

昨日バランス接続のイヤホンを買ったら云々って話をしてましたが、ヘッドホンを夜にぽちりまして、届いたので載せます。色は共にシルバー

f:id:entertainmentstar:20180905190730j:plain

ビックカメラで視聴したのがまさにこの組み合わせで、「バランス接続とは如何なるものなの?」と思って視聴したらすごくよかったんですよ。語彙力というか音聞いてそれを言葉にする能力がないのでうまく言えませんが、ボレロを聴いてそれぞれの位置関係が反映されている分空間の広がりを感じるというか……。

実はポップスを聴いてもよくわからなかったんですけどね。

同時に感動したのがヘッドホンの装着感の良さ。

側頭部を締め付ける感じがまるでしないし、耳を包むイヤーパッドが気持ちいい。

私が数百円のイヤホンを使ってる理由って装着感にあるので(パナの安いイヤホンはハウジングもイヤーピースも小ぶり)高いイヤホンのあの耳奥に突っ込む感じとか密閉性高いところとか鼓膜の近くで鳴らしてくる感じがマジ無理なんですけど、そもそも外で聴く時にはワイヤレスイヤホンで聴くだろうし(この間買ったXEA20)、イヤホン買わなくてもいいかという結論に達しました。

っていうか私が試すイヤホン試すイヤホンみんな脚色されたような大げさな音がするので探し疲れた。

このヘッドホンはその脚色されてる感がない。それなりにバランスよく出てる。

 

以前beatsのヘッドホン着けてみたら音も微妙だったけど装着感が地獄だったし、同じソニーのヘッドホンでもWH-1000XM2はノイキャンついててそこにお金払うのが嫌だったし(ノイキャンの気圧変わった感が無理~!)、なんかもう細かいことが気になって何も買えない状態だったのですが、これは見た目が素敵ではなく3万に見えないということ以外に欠点ないんですよ。3.5mmのケーブルもついてくるし優しい……。

ケーブル抜いたらワイヤレスになるとかだったらもっとよかったんですけどね。

 

そんなこんなでビックと同じ環境になったわけですがいざ聴いてみたらちょっと感動が薄い。え、ハイレゾじゃないからとかじゃないよね? 私ハイレゾの区別はつかないぞ? と思ったんですけど、あれかな。エージングしてないから?

ブリトニーはすごくいいです。

いい曲と、ん? って曲がある。

エージングってバランスとアンバランスでそれぞれ200時間が推奨されているんですけど、寝てる間も流し続けるくらいじゃないとどれくらいかかることやら……。

まあバランスだけやればいいか……。

でもエージング後にはエージング前の音なんて覚えてない気がする。

ハイレゾ音源も欲しいけど特にいい曲配信されてないんですよ。最新のと古いのは割とラインナップとしてあるんだけど2000年前後あたりの曲は少ないみたいですね。

 

 

買った直後にZX-300Gとかいう128GBモデルの発売が発表されたけど気にしてません。

今日ケーズで「ZX300のケースありますか?」と聞いたら「旧機種のは置いてない」って言われましたよ。まだ全然旧機種じゃないよ!!!

探したら純正のケースが埃かぶった状態で置いてあったけど、純正は蓋?ついてるのがちょっと。まあいいわ……ケースなんて……。

 

 

 

日帰りユニバ

 

本当は1泊2日の予定だったのでのんびり新幹線で東京を発ち昼に着いたのですが、JR運休のニュースを目にして急遽日帰りに。今ニュース観てるとやっぱり帰ってきて正解でした。大体今日はユニバも休業だし。

よりによって私の旅行中になあ……。

 

そんなわけで何の役にも立たなくなった荷物を持ち(ヘアアイロンとか……)滞在時間は6時間にも満たない旅行でしたが、結構充実していました。

VT2回観たしハリドリにも乗ったしハロウィンのモンブランを食べたしハロウィン装飾の写真も撮りました。今回一眼は持ってこなかったのですが、気軽に撮れるし重くもないのでこれからもスマホでいいかなあ……なんて思う旅行でした。

結構綺麗じゃない?

f:id:entertainmentstar:20180904165556j:plain

f:id:entertainmentstar:20180904162025j:plain

 

f:id:entertainmentstar:20180904165616j:plain

f:id:entertainmentstar:20180904165653j:plain


 

お分かりいただけただろうか……

 

画面の端に白い犬の霊が映り込んでいるのが……

……カウンターでお金出したらついてきてしまったので一緒にパークを楽しんだ霊です。

このぴょこっとした小さな手がカワイイ……。

 

これ持って会計しようとしてたら子どもが同じのを親に買ってアピールしてて、その子が買ってもらえたかは知らないけれど、大人っていいな!と思いました。

私も家に帰ったら親に「またそんなもの買ってー!」って言われたけど、私のお金だモーン☆

 

これを片手に写真を撮ってたわけですが、いよいよ羞恥心というものがなくなってきたなって感じです。

 

VTは短縮バージョンでがっかりしてましたが2回目観たときはSweet Child O'Mine演奏してくれたので未練なく帰れました!

あれを聴きに来てるに等しいからね……。

 

来月で年パ切れるのでこれがラスインかな? と思ってましたが、こんな弾丸旅行腑に落ちないので来月も頑張ってインしたいと思います。霊連れてくぞ!

 

 

帰りに梅田のヨドバシでZX300を買いました。大阪土産笑

今日は超使いづらいMusic Centerから音楽を転送するのに貴重な昼を費やしましたよ。ジャケット写真大体違うんだもん……。

しかしこんなに頑張ってもろくなイヤホン持ってないので、詳しくレビューすることがあるとしたら4.4mmプラグのイヤホン買った時です。

 

 

 

ウィッチャー3 ワイルドハント

PS4持ってるRPG好きの必修科目です。

まあもうDLC含めてクリアもして、そもそもそれも結構前の話だし、なんで今更ブログに書こうと思ったかというとこんなに面白いのに記事にしていないことに愕然としたからです。

PS4を買うにあたって、すぐにでもプレイしたいソフトだったので本体購入からほぼ日をおかずに買ってます。

放置期間含めても1年くらいプレイしてたかな~。

 

PS4はよくわからんバイオレンスなゲーム(Zランク)がたくさんあるイメージで、その中ではfalloutGTAもそう変わらんと思っていましたが、ウィッチャーだけは、パッケージからして違う!

 

 

この、どう見てもこいつが!主人公です!というパッケージ。渋いおっさんが剣を今にも抜かんとしているその様を見て興味湧きまくり。

パッケージだけなら仁王からも同系統の香りがしますが、あっちは死にゲーらしいので……。そういうのは心折れるタイプなので……。

 

実際プレイし始めはよくわからんカタカナ固有名詞のオンパレードで、メインストーリーに関しては面白い面白くない以前に話についていけるかどうか不安になりました。あと字が小さいし。

しかもデフォルトは×が決定、○でキャンセルというムーンサイド仕様なので頭も混乱。

設定で変えられるので、気づいた瞬間変えました。

falloutもこうだけど洋ゲーのすべてがこうかというとそういうわけでもないんですよね。要確認……。

 

雰囲気が好きだし、「ウィッチャーの感覚」を使って捜査して真相を突き止める!みたいなサイドクエストもストーリーが面白いし、メインの人間関係を把握しきれないうちはサイドクエストばかりやっていましたが、サイドクエストも真相を伝えればそれでいいのか?と思ったり依頼内容とは異なるけどこっちの方が人道的な選択では?と思ったり、とにかく選択肢が細かい。

あとグウェント(カードゲーム)や馬のレース。

こういう小さなミニゲームがすごく楽しいんですよ。一時期グウェントばかりやっててまだ戦っていない相手を血眼で探す幽霊みたいになってました。

最初はカード買うお金なくて全然勝てなかったけど。

 

サイドやりつつメインを進めていたらだんだん登場人物の関係とか固有名詞にもなじみが出てきて面白くなります。

基本的にはこまめに回復したり対策したりしてれば死ぬことはないし(たまにリンチされて死ぬけど)死んでもちょっと前から復活する(ロードクソ長いけど)んですけど、予期せぬ崖とかショートカットのつもりのジャンプとか、飛び降りる系は割と簡単に死ぬのでここだけストレス溜まります。たとえ一般人でも死ななくない?って高さでも受け身を取らなければ死ぬ。頭から突っ込んでんのか?

序盤で「ウィッチャーは超人」みたいなイメージがついてしまうので飛び降りても大丈夫だと思っちゃうし、崖は這い上がれ!それくらい!と思っちゃう。特にアサクリばっかしてきた人がウィッチャーをやったら最初の死はぜったい落下死です。

 

本編はおそらく一番微妙なエンドを迎えてしまったのですが、DLCの血塗られた美酒の方は3つのエンディングすべて見ました。DLC、ほんと面白かったです。グウェントも……。

デスマーチでやり直そうとしたんだけど(トロフィーのために)やっぱり一度みたストーリーって作業感強くて、血まみれ男爵のあたりで力尽きました。忘れたころにもう一回やりたい。

 

一番好きなサイドクエストはミリーの話で、私は彼女に定期的にお金を渡したいしミリーにきちんとした教育を受けさせたいしまっとうな人生を歩むサポートをしていきたいなって思いました。家族になりたい……。

 

この記事見た人はこのゲームオブザイヤーエディションを買ってくれ~!

DLC入ってるから!

入ってないやつ買ってもどうせ買うことになるんだから!

なら最初から入ってるやつを買おう!!