月と星のエンタメ感想ブログ、

映画、本、漫画、ゲーム、イベントetc、いろいろなものの感想を書いていきます。役立つ情報はありません

ノイキャンヘッドホンの最高峰、WH-1000XM3

フルワイヤレスイヤホンも有線ヘッドホンもワイヤレスヘッドホンもソニーで揃えて完全にソニー信者の様相を呈していますが、一応ゼンハイザーも検討しました。

装着した瞬間側頭部に圧を感じたため候補から消えたけど。

 

去年の秋にウォークマンZX300と併せて有線ヘッドホンMDR-1AM2を購入し感動を綴りましたが、正直あまり使ってません。

 

entamestar.hatenablog.com

 何と言ってもZX300、今までiPod nano(第3世代)を使っていた私には大きすぎるのでポータブル機なのに持ち歩かなかったんですよ。そして家で音楽を聴く習慣はなく(聴くとしてもスピーカーで聴く)、ほぼ置物と化しています。稀に「買ったのに勿体無いな」という気になって聴くくらい。

これまでケーブルが邪魔とか思ったことなかったのに、外ではワイヤレスなもんだからケーブルが邪魔で邪魔で仕方がない。

このケーブル抜いたらワイヤレスになればいいのに!

音質下がっていいからさあ!

 

f:id:entertainmentstar:20190117165255j:plain

M2の頃は候補にもなかったWH-1000X、ここにきてノイキャンの『気圧変わった感』がかなり軽減されたんですよ。ぼあーーーっていうアレが!

値段は1万円くらい高くなっているけど、装着感も良くなってます。頭の鉢の部分?がきちんと沿うような設計になってる。

音も店頭ではMDR-1AM2の方がいいと思ったけど、改めて家でZX300を使いアンバランスを聴き比べてみると、違いを感じられなかった(※アンバランス端子は未エージング)。やっぱバランス接続いいなとは思ったけど。

装着感も1000Xの方が上かなと思う。

これで1000Xにもバランスケーブルがついていたら鬼に金棒だったが……。

f:id:entertainmentstar:20190117170335j:plain

この付属ケースの収納力がすごくて、この中に航空機用アダプターと有線接続用ケーブル、さらにUSBケーブルが入ってる。この下の三角地帯に!!

こうして一式まとめられることで、特にフライトで使いたいと思っている旅行者なんかにはかなり利便性が高いと思う。

そうそう、M3になって充電の端子がtype-Cになった。私が使っているXEA20もtype-Cなのでケーブルは共用できそうで安心。

よく使う機器の充電端子がそれぞれ違うのは地味にストレスだよね。特に旅行の時には。

f:id:entertainmentstar:20190117170814j:plain

少し軽くてチープな印象を受けるものの、ここの引き手ゴールドなのが好印象。

素材に関してはここお金かけるところじゃないのでこれでいいと思ってます。

 

来月海外旅行を計画しているのでこのヘッドホン航空機内で使いたいなって思います。

MDR-1AM2の出番が減るな。

 

最初は4万だったけど下がってきたよ〜

 

そういえばカメラ、一眼からミラーレスに変えようと思っていたのですが流石に金欠なのでカメラがパワーアップしたと噂のiPhoneXSにしてきました。月々の支払いが増えた!

この記事の写真もみんなXSで撮影しているんですけど、違いがまるでわかりませんね。

kate spadeのセールで安くかわいいケース入手できたけど、なぜかまだまだ巷のiPhoneケースの主流は7とか8とかな気がする……。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

結婚したい

婚活パーティーに行ったのがもう春の話なんですね〜!

つい最近のことのように思えるけど……。

 

pairsも割と長く続けてたけど、秋頃一度辞めました。

今はomiaiに登録してます。

ざっとみた感じomiaiの方がイケメン率高いかな? って気がします。サービスの名前のせいか、結婚を意識していることをプロフィールにも明記している人が多いのもomiai。

一方プロフィールは文字数少なめの人が多い上、pairsで言う所のコミュニティ的なものがないので、価値観とか好きなものとか、具体的に分かることが少ないのが気になるかも。その辺プロフィールに盛り込んでくれてる男性はいいんだけどね。

身長や体形の他にチャームポイントなる項目があり、個人的にはそこを記載している男性はナルシストっぽくて苦手かな……。高い鼻! ぱっちり二重! とか書かれてると「ああ……はい……」ってなる。

 

あと、pairsほどバンバンいいねはこない。

登録したての時って新着に出るからバンバンいいねくるものと思いきやそうでもない。

試しに課金してハイライト表示させてみたら期待していたくらいの数はくるようになりました。表示されにくいのかな?

来たいいねから選ぶより自分で動こうかな、と思っても検索しづらいから良さそうな男性を探すのに時間がかかる。

しかしpairsほどの頻度で来ると一人一人吟味できなくてえーいみんなスキップ!!ってなりがちだったので頻度はこのくらいでもいいかな。でも、それなら検索しやすくして、って思う。

 

そしてこれはたまたまなんだろうけど、マッチングしても挨拶してこない人が多い。

別にどっちからしてもいいけど、私は「ありがとう」した時点で挨拶するものだと思ってるからマッチングしたのに挨拶なしってことは様子見かな? と思って身構えてしまう。これがpairsだと圧倒的に男性から普通に挨拶される(内容はさておき)ので不思議な感じ。

気軽なpairsと違ってこの辺からみんな慎重とか?

 

同じFacebook連動のマッチングアプリで、omiaiの方がpairsより年齢層高めって感じなのかなと思っていたら、意外と年齢層には違いがなく、そんなに差はないだろうと思っていたシステムの方に違いがあったのでびっくり。

 

少しomiaiで続けてみて、しばらくしたらpairsももう一度登録してみようかと思います。

恋活じゃなくて婚活だから、サービスの候補にはゼクシイ縁結びもあったのですが、名前にゼクシイと入っているというだけで女性が多そうな気がしてしまって、どうなんだろう?

 

 

ハリー・ポッターと賢者の石 - オーランドの再現性の高さを実感

記念すべき新年初映画はハリポタになりました。

 

テキトーなあらすじ

両親を亡くし意地悪な親戚の家に住むハリー・ポッターの元に、ホグワーツ魔法学校から手紙が届く。

 

 

これから何が始まるんだろう? っていうワクワク感はやっぱり1作目が一番だなーって感じる。

それに、ダイアゴン横丁やグリンゴッツ銀行は「オーランドと同じだ〜!」っていう感動がありました。特にグリンゴッツ銀行。「これ見た!」ってなる。

ダイアゴン横丁、映画だと随分狭い道幅なんですね。テーマパークでこれを再現したら混雑がすごいことになりそう笑

まだホグズミート村は出てきていないので、そっちの再現性に関しては続きを観ないとわからないということですね。

それにしても日本にもダイアゴン横丁できないかな〜!

私は漏れ鍋のサンドイッチ大好きだったので日本でも食べたい……

三本の箒のメニューはイマイチ食指が動かないからな……

 

最初に観たのは小さな頃だったので何も考えず「マルフォイ嫌なやつだなー」と思っていましたが、最初に名乗った時にロンが名前を笑ってるんですよね。自分の名前を笑われたら、あれくらいの嫌味は言ってしまうのでは? 少しかわいそう。

 

それにしても組分け帽子が、「スリザリンに入れば偉大な魔法使いになる」と言っているのにそれでもスリザリンは嫌だって思うハリーがすごい。

闇の魔法使いを多く輩出してるって聞けば、両親のことを思うと嫌だと思うものなのかもしれないけど……。

私なら迷わず偉大になれる方を選びます。

組分け帽子って資質を読み違えたりしないのかな?

 

先生の言いつけを破って空を飛び、ネビルの思い出し玉を取ったハリーの姿をみて「シーカーが見つかった!」と言うマクゴナガル先生が可愛い。

後から言いつけ破ったことなんて明るみになっていそうだけど、特に言及なし。

 

それにしても、順当に点を積み重ねたスリザリンを最初は1位だと言っておきながら後から加点してグリフィンドールの逆転劇にするの、スリザリンからしたら納得いかないよね!? 点数発表前に言ってくれていればまだいいものを、ぬか喜びじゃん!

 

今観るとなんとなくスリザリンに肩入れしてしまう話でした。特にラストの点数逆転がひどいかなって。日本人は判官贔屓だからな。

 

ニコラス・フラメル……ファンタビにも出ていたけど、まだ生きていたんですね。

でもその長い人生にもついに終わりが見えてしまった。

まあまだ生きてるし長すぎる人生だから別に哀れではないけど。

 

これ、ファンタビ公開ちょっと前に4DXで公開されていましたよね。

確かに映えそうな映像群だった。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2018年総括!

今年も一年お疲れ様でした〜。

いつもこのブログはしれっと年を越して「あっそういえば新年初記事だわ」みたいな感じなのでこんな記事書くのも新鮮な気が。

さらっと一年何があったかおさらいしようかな!

誰得記事

 

1月

「今年の目標はTOEICでいい点取ること」と嘯いていました。いい点どころか、受けてません。

 

2月

 ブラジリアンワックスに初挑戦してからハマった。今も月1くらいのペースで通ってます。快適だよ!前半はほぼバイト、後半はほぼアメリカだったので記事更新してる暇がなかった。

 

3月

正確には2月に観たものたちだけど、飛行機内でITを観てすごく良かったりブロードウェイで念願のオペラ座の怪人を観て感動したりニューヨークの美味しいパン生活で激太りしたり忙しかったです。あれからもうすぐ一年か……。またニューヨークに行きたい。

 

4月

まさかのノー記事

 

5月

アベンジャーズIWを観た。

 

6月

なぜかピンドラにハマる。あの後ウテナを観て、まだそちらは最後まで観れてない。

 

7月

北出菜奈のB面ライブに行けたこと。

生の墜落はすごくよかった。

 

8月

Detroit:Become Humanにはまったせいでなぜかアンドロイドの幸せや共存について考えるようになる。

 

9月

カメ止めという邦画を他人の評判だけで観るという暴挙に出たけど正解だった。

流行るだけあるなって感じ。

 

10月

プーの実写が良かった

 

11月

ヴェノムといいボヘミアン・ラプソディーといい豊作に感じられた月

特にヴェノムがもうすっごく良かった……アメコミに求めているものの全てがそこにあった

 

12月

ファンタビが良かった

1作目の感じからして特に期待してなかったけど、想像以上にしっかりした話の骨組みがあるんだなと思った(失礼)。後2年なんてとても待てない。

 

 

一応私生活では新社会人だったのですが、辞めるまでにこの目標達成したいな! と思っていたものを大体達成した上に成績で競ってた人が退職したので死ぬほどモチベーションが下がっています。来年は転職活動しようかな。なんか、英会話とかスキルアップできることに取り組みたい。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アサシンクリード オデッセイ - シリーズ集大成!

10月発売のアサクリ最新作!

昨年のオリジンズはエジプトが舞台でしたが、今回の舞台は古代ギリシア

オリジンズでアサシン教団の起源を描く、って感じだったからあれ以上古くなることはないと思いきや、さらに時代を遡ることに!

プレイヤーはアレクシオス(男)かカサンドラ(女)のうちどちらかを選択します。

私はアレクシオスにしました。なんとなく女でパワーが弱かったら嫌だなと思って。

多分そんなことはないんだろうけど。

 

ケファロニアという何もない小さな島から、傭兵アレクシオスのストーリーが始まります。

主人公は最初から最後まで傭兵で、暗殺を請け負うことはあってもアサシンと称されることはありません。

 

実は当初心配していた集団戦闘、ゲームの始まりはまさしくここから始まるのですが、やって「こんなのアサシンクリードじゃない」と一瞬思います。

でも、それもゲームを進めるうちに傭兵としてただ戦場に飛び込んでいるのであって、この戦場がメインだというわけではないので楽しめました。

やればやるほど「アサクリだ〜」ってなるしね!

大体のシステムはオリジンズと大して変わりありません。

 

体感ですがオリジンズより敵の諦めがいい気がします。

オリジンズはいつまでも探し続けてウザいのでバレないことが大前提でしたが、オデッセイは諦め早いので例え死体が見つかっちゃっても問題ナッシング。篝火に罠さえ仕掛けておけばね! おかげで弓が大活躍でした。

 

アサクリは歴史上の人物と神(ではないって作中で言及されるけど)が出てきて、でもそれがマッチしているところが魅力だと思うのですが、オリジンズやオデッセイのように紀元前までくると神話の神々や怪物が近い存在でも不思議ではないような気がするんですよね。楽しかったのはコスモスの殲滅のようなアサクリらしいターゲットの暗殺の他にも、神話の怪物と戦うっていうのもかなり面白かった。私はドラクエ7のダイアラックを思い起こさせる石化の神殿が好きです。メデューサ戦も好きだよ! 勝てない人は柱の陰から矢で撃ちまくると勝てると思う

 

システム的にはオリジンズよりも楽しかったのですが、正直フィールドを歩いて楽しかったのはオリジンズの方かな……。

ピラミッドとかスフィンクスとかのような、「お〜これこれ!」っていう建物が個人的にはギリシアに存在してなくて。何に登ってもどこへ行っても大した感慨がないというか、どこも景色同じに見えるというか……。

でも自分の選択がその後に影響してくるのはすごい好みのシステム。

選択の余地なく相手を救うことになるのと、見捨てるか救うのか二択で救う方を選ぶのかでは、自分に酔える度が違う。

私はできるだけ聖人君子のように生きたよ。

疫病が広がるのも防いだし。ボイペーの友達を見捨てたけど。

 

フリーズすることはそれなりにあるみたいですね。

私も完全なフリーズを一回経験しました。他はフリーズした? と思っても、しばらく経つともとに戻ることも多かったしそもそもプレイ時間に対して回数が少なかったから別に気にならなかったかな。

 

海戦も楽しいし今回「いらねーよこんなシステム!」っていうのはなかった、な。

本編トロコンまでのプレイ時間は83時間。

最後に残ったのはアドレスティア号を最大までアップグレードすることだったので、最後の方は海賊行為に勤しむことになりました。でももうここまでくるとそこそこ強いので体当たりしまくる。

今回は意識しなくても取れるとトロフィーが多いのと、極端にめんどくさい感じのトロフィーがなかったので真剣にやりこむのが苦手な人でもトロコンできるんじゃないかと思います。

 

現代編に戻ることが過去作に比べても少なめなので、没入感も維持できます。

アサクリはその舞台となった時代や国に対する好みもあると思うけど、それを除けばこのオデッセイは最高傑作にして集大成なのではって思います。っていうかオリジンズから1年程度でこのクオリティの新作出すのすごくない?

 

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム感想へ
にほんブログ村

 

くるみ割り人形と秘密の王国 - クリスマスに間に合わせようとした結果かな?

?

 

予告と映像はめちゃくちゃいい出来なのに肝心のストーリーが弱いの、アリスを彷彿とさせるな……。

ネズミが嫌いな人は注意です。

 

テキトーなあらすじ

クララはクリスマスプレゼントとして贈られた卵型ケースの鍵を探して4つの国からなる世界に迷い込んでしまう。母が女王として慕われていたその国でクララはプリンセスと呼ばれるようになる。

 

 

続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 - ストーリーの流れ

2作目を観るにあたって、過去記事がまるで参考にならなかったのでもう1度観直して記事書きました。

なんか……クリーデンスがこんな重要キャラだとは思わなかったからさ……

さっくり話の流れ説明になってます。

”黒い魔法使い”鑑賞の上でこういう伏線だったんだなってところは書いちゃってますので、”黒い魔法使い”のネタバレが少々含まれます。

観たけど前作忘れたっていう私みたいな人だけどうぞ。

 

続きを読む