読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンタメ感想ブログ、

映画、本、漫画、ゲーム、イベントetc、いろいろなものの感想を書いていきます。役立つ情報はありません

ダウントン・アビー シーズン1&2

ドラマ

1話放送当時、人の顔を覚えられなくて挫折しました。情けない……。今なら全員が重要人物だとわかります!

我慢して3話まで観たらだいたい覚えました。カーソンとベイツが似ているんだ……。

3話で出てきたイケメントルコ人が(話の都合上重要なハプニングとはいえ)即死んだのは衝撃でした。……あんなことがあったらトラウマになります……。

 

誰が主役とかはないのでしょうが、私は三姉妹の長女、メアリーに一番注目しています。

メアリーは最初のイメージでは優等生タイプで美人で非の打ち所がないザ・貴族令嬢という感じの人。でもプライドが高くて不器用なんです……!マシューとすれ違ったのも彼女が不器用だからで、バイオレットの言うような器用な振る舞いはできない。このすれ違いといい、のちにマシューが婚約者を連れてきた時と言い、無事を祈るときと言い、メアリーの本心は視聴者(と家族)には伝わりまくりなんです。でもメアリーは人前で泣いたりしないし取り繕ってる。お願いだから幸せになって……!

 

シーズン2では第一次世界大戦で、戦地に行かない面々も身内や生活の心配をしたり、兵士のサポートをするためにお嬢様たちが活発だったり、戦争のおかげで当たり前だけど人生が狂う人もいて、たった6話しか戦争していないのにヘビーすぎて、戦争が終わったときは私も乾杯したいくらいでした。

マシューがラビニアと結婚する、といったときのメアリーの泣きそうな顔、マシューとキスした後のうれしそうな顔、何見てても泣きそうになります。カーライルはメアリーを愛しているといいますが、ダウントンアビーの風習に馴染めないようだったので、きっとマシューがいなくてもうまくいかないよ……。それより伯爵が、メアリーの醜聞を聞いた後も「別れろ」と言ってくれてよかったですね。なんかこの伯爵もとから悪い人じゃないけど、どんどん柔軟になっているような。メアリーを苦しめていた醜聞もマシューに明かしたのですが、きっと一筋縄ではいかないんだろうな、と思うのでこの先観るのが怖いです。ラビニアが死んだあとも、むしろ彼女が死んだからこそ、死者に遠慮するような二人の復縁はないかなあと心配したので、もう二人に関してはこれでハッピーエンドで終わらせたい……。もうはらはらさせないでほしい……。

 

 

そういえばメアリーの元婚約者で死んだはずが実は生きていて顔がわからないほどの大やけどを負って戻ってきたという横溝感溢れる設定のパトリックは結局信じてもらえずにダウントンアビーを去ってどうしているのかちょっと気になります。なんか一人だけ世界観違ったような笑

メアリーはマシューを本気で好きだしシビルはブランソンと結婚したけど、イーディスだけはあっちにふらふらこっちにふらふら、誰も本気に見えないんですよね……その時うまくいきそうな相手になんとなく惹かれているだけのような気がします。状況に引き裂かれても後に引きずっていないし。そんなところが影の薄さに拍車をかけているのですが、彼女が本気で誰かを愛するのはいつになるんでしょう。

 

やっぱり先が気になる!

そんなわけでシーズン2までの感想でした。

本当はもっと……あのシーンが、このシーンが、って言いたいけど。とにかくマシューとメアリーの一緒にいるシーンはすべてが尊いです。お守りとかね!