エンタメ感想ブログ、

映画、本、漫画、ゲーム、イベントetc、いろいろなものの感想を書いていきます。役立つ情報はありません

ゲーム・オブ・スローンズ 第1章

すっごく面白い

 

一族とか家とかの争いと中世ファンタジー好きな人は絶対好きです!

とりあえず第1章の概要と感想をば……。

 

 

ネタバレを読むと死ぬのでたたみます。

クソッタレHuluが9話を飛ばしてなぜか10話を再生しはじめたのでいきなりとある人物の生死を知ってしまったのでショック死するかと思いました。PS4のHuluアプリで再生してるんですけど、時々映画の途中でいきなり予告編を再生することもあって、ほんと使い勝手悪い。

 

 

最初は七王国を統べる王、ロバートがエダード・スタークに王の手の後任を頼みに来るところから始まります。ホントの最初はナイツウォッチがホワイトウォーカーを目撃するところだけどこの後少なくとも第1章ではホワイトウォーカー出てこないので割愛。

 

ロバートはバラシオン家の出ですが妻、従士(妻の従兄弟)、前王を殺した人で王の盾(妻の弟)と周りはラニスター一族だらけ。もっというと子供も完全にラニスターの子です(知らないけど)。もともとエダードに”手”の話が降ってきたのは前任(エダードの妻・キャトリンの妹・ライサの夫)の死からなのですがこの人はラニスターの陰謀で死んでます。このスターク領にいる僅かな間に

・サーセイとジェイミーの情事を目撃したブランが殺されかけて障害が残る

・アリアの狼がジョフリーに嚙みつき(ジョフリーが悪い)、サーセイの余計な一言でサンサの狼が殺される

という問題を引き起こし、特にこのブランの事件とライサの忠告はキャトリンのラニスターへの不信を強めるんですね。

スターク家は第1章が終わった現在、見事にバラバラ

エダードは反逆罪(冤罪)で殺され、サンサは生かされてはいるけど城の中。アリアは逃げ延びて壁へ行く途中、キャトリンとロブはキングスランディングに攻め入ろうとしているしブランとリコンはウィンターフェルに残っていて、ジョンはナイツウォッチとして壁にいる。エダードは遅かれ早かれ死にそうな性格(正直者)でしたが、こんなに早く死ぬとはなあ……。サンサはジョフリーに惹かれていただけに、反逆者の娘として城にいるのも、板挟みって感じでかわいそう。ただ、スターク家の中では一番したたかというか、うまく立ちまわれそうな気もします、少なくともアリアよりは。

身内に反逆者がでても一族郎党皆殺しではないんですね。

 

そしてスターク家が珍しくかかわっていない前王の一族ターガリエン家の生き残りであるデナーリス、彼女が1話から一番強くなった人物ではないでしょうか。最初は愚兄ヴィセーリスに利用されているだけっぽいふわふわ少女でしたが、馬の内臓を生で貪り食うくらい成長しました。

特に血縁とか関係ないところの王に嫁ぐのはリスク高すぎる気が。

あの時デナーリスが襲われている女を助けようと思わなければ、ドロゴは死ななかったよね……。助けて損したってくらい腹立つ女だったしね……。思えばファンタジーファンタジーした生物が出てくるのはこのドラゴンがホワイトウォーカー以来2種類目ですね。ダイアウルフは犬っぽいので……。

デナーリスがほんと女王なのでこれからの活躍が楽しみです。

 

 

 

サーセイを筆頭にラニスターの人間はみんな屑かと思いきや、小人症のティリオンだけはまともな神経をしている様子で憎めない。10話ではラニスター家当主のタイウィンが新王ジョフリーとサーセイのやりようを危惧してティリオンを王の”手”として遣わします。ティリオンが王家の良心になるのか……?でもやっぱりサーセイが憎いのでラニスター家滅しろ!と思いながら、今度は第2章です。