月と星のエンタメ感想ブログ、

映画、本、漫画、ゲーム、イベントetc、いろいろなものの感想を書いていきます。役立つ情報はありません

【映画感想】トップガンマーヴェリック - 気持ちのいいハラハラ感、観て損のないアメリカ映画

トップガン(前作)がそんなでもなかった人にもおすすめ!的なツイートを見て、私はまさにトップガンがそんなに面白いとは思わなかった(普通だった)人間なので「ほんとかなあ〜〜」と思いながら観に行った。

 

めっちゃ面白い

話は単純だが、単純だからこそ良い。

 

(原題:TOP GUN:MARVERICK)

テキトーなあらすじ

マーヴェリックはあるミッションのためにトップガンパイロットたちを訓練する教官になるが、そこにはグースの息子・ルースターがいた。

 

※以下ネタバレ

続きを読む

【ゲーム感想】エルデンリング - 遺灰と屍山血河に救われた王

発売から2週間で飽きてそこから2ヶ月超期間が空いた時にはもう売ろうかと思ったけど、なんとか(攻略サイトとかの力を借りて)トロコン。

 

プレイ日記はこちら

entamestar.hatenablog.com

 

entamestar.hatenablog.com

 

entamestar.hatenablog.com

 

entamestar.hatenablog.com

 

entamestar.hatenablog.com

 

entamestar.hatenablog.com

 

entamestar.hatenablog.com

 

 

■いいところ

・難易度低め(救済措置多め)

トロフィーの獲得率見ても、過去作と比較してそこまでの難易度ではないのかな?という印象。戦い方や武器が豊富なのもそうだけど、ソロでもマルチプレイみたいなことができる遺灰の存在によってかなりボス戦とかは楽になっているのではないかな。フィールドでも敵が多いところは呼べるしね。遺灰もティシーと写し身しか使ってないけど、任せておけば倒してくれるくらい強い。

私は入手後使わないままアプデされて全盛期霜踏みの威力を味わっていないんだけど、でも赤獅子とか屍山血河とか、まだまだ強いなって感じる戦技あるし、連打してたら時々なんとかなっちゃうくらいの難易度。

やっぱりRPGの宿命なのか、SEKIROみたいに一定の難易度を序盤から終盤まで保ち続けるというのは難しいことなのかな。色々手に入れていない、強化も不十分な序盤が一番苦労していた気がする。エルデの獣は2回目の挑戦で倒したけど、マルギットは10回くらいリトライしてるし助っ人呼んだような気がするし……

 

・やらなくてもいい要素の多さ

クラフトやらなくていい。これはよかった。魔術にしろ祈祷にしろ、あったら便利だけど使えるようにならなきゃいけないわけじゃない。大ルーンも人によっては(消耗品ケチっちゃう人とか)死に要素だったみたいだし、私は霊薬もちょっと死んでた。自由度の高さに繋がってるよね。そしてそれとちょっと通じるところがあるが、チュートリアルが最低限。でも見たかったらちゃんとインベントリから見られる。こういうのでいいんだよ! 死にながら覚えるしやりながら覚えるし、結局最後までどうやって両手持ちにするのかとかわからなかったけど、でもそれでいいんだよ。これやった後他のゲームの体験版やったらド親切チュートリアルで鬱陶しかった……。できてもやりたくないこととかがあるんだ、世の中には

 

・世界観

まあ好みによるところなんだろうけど、デミゴッドたちの血縁ぐちゃぐちゃなところとか、私はすごく好きだったね……

 

■微妙なところ

・アスレチック気味

ブラボもたまにエレベーターに突っ込んで死んでたけど、そんなもん。落下死の数は少なかった。でもエルデンリングのアスレチックはやばい。落ちたら死ぬ高さを平気で渡らせられる。ジャンプ力もゴミなのにジャンプも要求される。馬はちょっと跳躍しすぎ。加減が難しい。

しかも「これはいける!」という段差で死ぬ時と「死ぬかな?」という段差で死なない時の差がよくわからない。結局”想定されていない楽”をしようとすると死ぬ、といことなのだろうか。

馬に乗らないと登れないような段差とかあるけど、そういうの見るたびに「それ、狼さんは登れたけどね」と言いたくなる。嫌いな人は結構嫌いでしょ!? こういうの。私は嫌い。

 

・道に迷う

SEKIROにしてもブラボにしても、道に迷うといってもたかが知れてるけど、エルデンリングの迷子はその比ではない。それに大昇降機を動かす割符とか、ラダーン祭りの開催とか、一部NPCイベントのフラグ(知らんうちに折れるもの多数)とか、魔術師塔に至る透明な床(一番はコレ)とか、これ自力で発見したらエスパーでしょみたいな要素がちらほらある。しらみつぶしに探せる人は見つけるのだろうが、いや〜〜〜〜

 

オープンワールドRPGと思うなかれ

オープンワールドとは公式はいっていないが、一部誤解されていそうなので。

超広大だけどやっぱりオープンワールドではないというか、序盤から行けないところは普通にあるし、少しのNPC以外全部敵でそこに暮らしとかはないし、敵は敵で味方の死体発見しても周りを探すとか警戒するとかはしないし、それが前作以前でもそうだったんだけど、そしてそこを変えてほしいとは思わないけど、オープンワールドにかなり近い雰囲気だから違和感は少しあるな、と思った。

 

・終盤は見たことある敵のオンパレード

最初は敵の種類すごく多いと思ったし、多分実際に過去作よりは多いのだろうけれども、終盤は見たことある敵ばかり。ブラボやSEKIROのボリュームでそれをされても気にならなかったが、エルデンリングはマップがかなり広いので、「見たことある敵ばかりだな」と思ってからもそこそこ長い。序盤のボスが雑魚として出てくるとか。それは雑魚だけではなく各地のダンジョンでもこんな感じで、「またこのボスか〜」と思いながら戦う羽目になる。私はそんなにダンジョンへ片っ端から潜っていたわけではないのにこの感想なので、あちこちのボス全部倒したい!という戦闘狂みたいな人はもっとうんざりしたのではなかろうか……。

 

■全体

ストーリーは私が今までやったブラボ、SEKIRO、エルデンリングの中ではダントツでわけわからん。私があちこちの商人から買える情報とか買わなかったからかも知れないけど。

 

2周目いきたくないってことは、そういうことなんだろうなという感じ。

2周したいほどじゃないけど、「あのボスにこの武器でもう一度挑みたいんですけど」っていうのはあるのでボスと戦えるモードが欲しいね〜

SEKIROもだいぶマイルドだったけど、エルデンリングもホラー要素はかなり薄いのでそういうのがだめな人にもいいかも……いや、モーグウィン王朝が若干ホラーか? 忌み捨ての地下はホラーというより迷いすぎてイライラしたからなあ。土管の中で迷い死ぬかと思った。

やりようがたくさんあるから色々試行錯誤したり探索したりするのが好きな人はいいかも。私は何種類もの武器使い分けとか育成とか結構めんどくさいな〜と思っちゃうタイプなので、微妙にnot for meだった。ソウルシリーズやってない身からすると重量の概念が最初わけわからなくて、どっすんローリングだった。

ブラボもSEKIROも武器の数少なめなんだよね。工夫の余地が少なくて……。だから難しいとも言えるけど、逆にだからこそ”武器が弱いのでは?”とか思うことなくボスに挑めてよかった気がする。

 

システム的に、ソウルシリーズやってた人は楽しめてそう。想像だけど。

 

■面白い考察

ネットの海で見かけた面白い考察がある。

主人公=ミケラなのではないかというもの。

睡眠という状態異常を付与できる武器が作中登場するのだが、その状態異常を使ってくる敵はいない。これ聞いた時確かにな〜〜!と思った。確かに後半はそういう状態異常付与してくる敵が出るのか、やだな〜と思った記憶ある。でも出くわさないもんね。まあ普通にDLCが出た時にはミケラと戦うことになるのではと思っていたけど。

マレニアにミリセントがいるように、ミケラにとってのミリセント(のような存在)が主人公なのではないかという。

もしそうでないなら「縁がある」というのはどういう縁なのっていう話にもなってくるしね。

 

DLCくると思ってるけど、それまでモチベを保っていられるかどうか。

そういえばゲームオブスローンズはゲームにならないんだっけ? なるんだったらこんなふうになってほしい。

【プレイ日記】エルデンリング - 灰都ローデイル〜トロコン

※エンディングのネタバレを含みます

 

この土日に頑張るか〜と思ってたけどローデイルは敵もほぼ出ないしサクサクっとボスまでいけるので終わってしまった。

でもSEKIROだったら1体のボスに半日とかかけてたものだが……ゴリ押しできるかできないかの違い?

といっても全部負けそうだったけどね。

 

■ギデオン=オーフニール

こいつはノーダメ

屍山血河連打

 

■戦士ホーラ・ルー

かっこいいが、強い

かっこよくて強い

 

ネフェリ、せっかく仲直りまでしたのにその後ないがしろにしすぎて忘れてて、しろがね村に見に行ったら装備落として死んでた。

一撃も与えていないのに労ってくれる。優しい。さすが王

ティシーやられちゃって、焦った

 

強くてもう一度戦えって言われたら嫌だけど一番かっこいいよね

 

■黄金律ラダゴン〜エルデの獣

聖カットタリスマンとなんか防御の祈祷を使うんだ! これのために産まれ直した。

初めて戦場に入った時にはマリカだったのが、戦う時にはムキムキのラダゴンの姿になっている。ずるいぞ。

 

エルデの獣は、なんかきもい。

 

これも辛勝だったね〜〜

見て、死にそう

 

クリア時のステータスはこんな感じ

 

■星の世紀

このエンディングのトロフィー率が一番高いんだけど、

「勝った!メッセージ見よ」と思った褪せ人たちがうっかり召喚サインを踏んだと推察する。

 

なんかよくわからないけどラニ様についていくエンド

 

■狂い火の王

狂い火そもそも貰ってなかったのでもらいにいくところから。

メリナが生きているとエンディングにも出てくるらしい。

え、メリナいつ死んだよ?? 生きていると思ってたのに

 

こんなに頑張ってここまできたんだからちゃんとした王になりたい

 

■エルデの王

せっかくミリセントイベント終わらせてミケラの針を入手したんだから狂い火の治療もやってみたいな!と思い、竜王プラキドサクスの祝福へ。

 

思ってたよりずっと地味。とにかく治ったようだが、傷はそのまま。

 

黄金律を修復するが、NPCイベントで獲得した修復ルーンによって地味〜〜に変化があるエンド。

一番オーソドックスなやつだと壊れかけの時代。

何の修復ルーンも持たず、付け焼き刃な修復をしたからまだ壊れかけということなのだろうか。裸の王様。

 

死王子の修復ルーンでこれ。寒々しい。なんかいやだ、こんな時代は

 

完全律の修復ルーンで律の時代。

先生! ご覧ください!!!!

なんかこの時代が一番良さそう 知らんけど

 

壊れかけの、という枕詞にレイディオ以外が続いていると変な気持ちになる日本人

 

というわけでトロコンした。

また総評記事書いて終わり。長かったけど実質……やっぱ1ヶ月くらい?だね。

 

敵のいないタイミングで怒涛のメッセージ評価。 

 

(6/26追記)

エルデの獣撃破後でも忌み呪いの修復ルーン入手できた。

 

 

これでエンディングコンプリートできてるかな?

【プレイ日記】エルデンリング - 聖樹の支え、エブレフェール〜モーグウィン王朝〜崩れゆくファルム・アズラ

前回ファルムアズラで終わっていたけどマリケスを倒す前にマレニアを倒さないともらえない祈祷があるとのことで聖別雪原へ。これ攻略見てなかったら絶対来方わからないんだけど。

聖別雪原はあまり探索してない。なんか全体的に視界が悪いから探索する気が失せてしまって、とっとと奥の転送門使ってミケラの聖樹へ。

 

■ミケラの聖樹

ここはボス前に激つよ魔法使いがいて死ぬかと思った。

ローレッタは魔法使いに聖杯瓶とか減らされた状態で挑んだけど、普通に勝てたので終盤のボスとしてはそんな強くないかも。

 

■聖樹の支え、エブレフェール

この奥が聖樹の支え、エブレフェール。最後のマップでは!?

悪名高いマレニアがいるところだが、雑魚敵はミケラの聖樹にいるやつらより柔らかめのような。

マレニアさんはひとりだけブラボ主人公みたいなシステムの人なので最初第二段階までいくのすら苦戦してやる気失いかけたけど、ルーンの弧使ってカニ食べて屍山血河連発してたら勝てた。やっぱカニだよ。カニが強い。

カニが強いといえば、聖別雪原でドラゴンと戦っていたら周りのタコが参戦してきて、私が回復している間にタコがとどめ刺してた。エルデンリングの海洋生物、強い。

 

ミリセントイベントも進めていたのでミケラの針をゲット。

これで狂い火状態を治療できるわけね。受領してないけど。

 

モーグウィン王朝

絶対マレニアの前だけどどのタイミングで倒したか忘れたのでここにぶち込んでおく。

めっちゃ苦戦したボス。

ルーンの弧を何個消費したことか……。こいつの血鬼術が怖すぎる。

マップ自体は短いというか、あの真ん中の血の池みたいなところをまったく見ていないのだが、とにかくボスまでは一直線で特に迷うようなところもない。

レベル上げではお世話になったマップだけど……不気味だし、長居したいところじゃないよね

 

大ルーンってこれで全部かな?って感じだけど……結局ゴドリックの大ルーンが一番強くない?? 戦い方によるのか??

入手してから一度も外してない

 

■崩れゆくファルム・アズラ

前回の続きから。

エルデンリング、落ちそうなポイント多すぎじゃない?

聖別雪原に行く前にどこかで倒したプラキドサクス。

これは弓チク。戦う場所まで行くのが地味にめんどくさいから負けたくなかった。

 

マリケスの前に竜のツリーガードがいたんだけどどうっしても倒せなくて、無視することにした。立ち止まらずダッシュで霧の中に入れば攻撃当たらない。

 

これも第二形態ちょっと苦戦したかな……。

 

■灰都ローデイル

マリケスを倒すとムービーが挟まってローデイルが灰都に。敵がほとんど出なくなってる。

結構広いのに馬呼べないのがめんどくさい。

 

次回更新の時にはエンディングまでいけてそうだね。

 

 

終盤になってきてボスに苦戦するようになったといっても、10回もリトライしたボスはいないのでレベル上げすぎかもしれない。全部ゴリ押し。大切にしていたルーンの弧がなくなっていく……

 

 

 

【プレイ日記】エルデンリング - ラニイベント〜王都ローデイル〜巨人たちの山嶺

なんか前回からめっちゃ進んだ


ラニイベント

 

待ち合わせ場所にいないブライヴ


 

この辺のことマジで忘れた

 

写し身は入手後即+10にしたよ!

写し身ボス戦は真っ裸になってから突入すると写し身も真っ裸だという豆知識により実践したけど軽ロリすぎて地味に大変だったから重装にしとく(武器はなし)とかでもアリなんでは……?

 

こんなスプラッシュマウンテンは嫌だ

 

アステールはまじで死ぬかと思ったけど近づいてしまえばそんなでも……。

最初近づけなくて一撃も与えられないままに死にそうだった。ひたすらの赤獅子。

腐れ湖はクソマップだけどケイリッドほど広くないし敵もあまりいないので、死ぬほど嫌ってわけでもないかな。ケイリッド嫌いすぎる。

 

ラニイベントはこれでエンディングのフラグをたてられたはず。

プライドゼロだから攻略見ながらやってるけど、やっぱ攻略見なかったらこっちには絶対行かなくない? みたいなルートが多い気がする。

魔術師塔の幻獣とか。なんでそこにいるのを見つけるのよ。

 

ブライヴを倒した話をイジーにすると、イジーもいなくなってしまった……。


■王都ローデイル

ローデイルはあまり探索しなかった。なぜなら敵が強いから。

あの……兵士とかさ……強くない……?

強さおかしくない……?

ただひたすらに上を目指す。

というわけでかなりアイテムは見落とし(というか取りに行けない)、トロフィー対象のやつだけ拾う感じに。

 

■その他のボス戦など

火山館とかフィアのイベントとか

忌み捨ての地下。冗談抜きで何度も死んだ


■禁域〜巨人たちの山嶺

よくこんなの思いつくよね!?

ここを自力で発見する人はすごい

しかもここに来ないと魔術のトロフィー取れない

これが噂のちいかわ……

この中心に降りるのだと思うじゃん?

降りると死ぬ


■崩れゆくファルム・アズラ

絶対落下ステージじゃん

あれドラゴンにやられたんじゃないからね

ここまでは来た(死ぬかと思った)


狂い火も受領しようと思えばできる段階なんだけどしてない。

ローデイル過ぎたらもう半分過ぎたかと思ってるんだけどどうなんだろう?


【プレイ日記】エルデンリング - 火山館周辺〜アルター高原〜王都ローデイル

いや〜ほんとにボリューミーだね。他のよりプレイ日記細切れにしているということもあるけれども。

ラダーン祭り終わる前に撮っておいた。そういうの知らなかったから敵がわんさかいる時に特攻していっていたことが懐かしい。

NPCイベント

ルーン稼ぎのためにモーグウィン王朝へ行くべく、ヴァレーイベントを進めようと侵入したのだが、戦う気のない二人。いちゃいちゃしてたら他の人に殺されました。

 

アルター高原の変な仮面。

撮り忘れたけどこの先の風車村で神肌の使徒を倒した。黄金樹の麓にいるボスっぽいの全部無視してたけどここでだけ戦った。

 

セレンイベント。トロフィー対象の魔術が立て続けに手に入る!

すべての頼みを聞き入れてセレンと共闘するとセレンもエルデの王になれといってくる。

報酬的にはセレンの敵になる方が得だったのかなあ……この後祝福で休憩するとレナラが戻り、セレンは生命への冒涜のような形状に。ああ……。

 

■日陰城

性格の悪い構造の城。

こいつの手前のエレベーター前に犬3匹とマレニア騎士がいて、マレニア騎士はエレベーターに乗っても死なない。下手に無視しようとしてもついてきてしまうので、もうここでちゃんと倒しておいた方が安全かもね。

一度死んでもマリカの楔から復活できるので、マレニア騎士とわんちゃんズには会わなくて済む。もう二度と会いたくない。

これがトロフィー対象なので、トロコン目指すなら戦わなくてはならない敵。

 

■火山館周辺

火山館周辺。いや〜〜〜〜

ここの溶岩土竜にめちゃくちゃ苦戦したのにこいつ……。

火山館の依頼も2つかな? こなしたよ。ここはライカードがいるんだっけ。

 

■王都ローデイル

門前のツリーガード2体は早々に諦めたけどここは倒さないと進めないので、呼べる限りの仲間を呼んで撃破。ツリーガード苦手すぎる。毒にするのがよいかもね。こいつ、動きが鬼庭刑部だというのだがそうかなあ!? なんでこんなに難しいんだ?

 

さすが王都。ファンタジーの王都を裏切らない感じ。この中探索するのめんどくさそう。

キングスランディングみたいな感じのとこだね。

 

アルター高原は封牢もあって、そこでトロフィー対象のタリスマンがもらえるんだけど、赤獅子連打でそこそこ気持ちのいい敵だった。赤獅子しか勝たん。

 

 

【プレイ日記】エルデンリング - カーリア城館〜シーフラ河〜ケイリッド

リエーニエを十分探索できていない感じがしたので探索の続きをしつつ、カーリア城館へ。

ここがまたレアルカリアほどではないにしろ広い。広いし敵がなかなか強い。特に巨大な手。

ストーリークリアには必須ではないようだが、ラニイベントを進めるためにはこの先のスリーシスターズへ行かなくてはならない。

 

ラニの仲間たちの中では道中で唯一会っていないNPCであったセルブス。京都人のようだ。

 

ここでブライヴとノクローンへ行ってこいと言われるので、ノクローンに至るシーフラ河へ。

地下世界のはずなのに頭上は星空。きっと本物の空じゃないんだろう。綺麗すぎるし。このあたり、攻略なしで辿り着ける気がしない。

地下つながりでエインセル河も探索。蟻はキモいけどそこまで強くない。カインハーストのノミみたいな強さを想像してビビっていたので拍子抜けである。

 

あと今更だがモーンの城にも行ってエドガーを助けた。モーンの城方面へ向かうと激つよ矢がとんでくるので初見はしっぽを巻いて逃げ出したのだが、いつの間にやらここの適正レベルを超えていたようだ。普通に弱い。

アルター高原に至るもうひとつの道(というか多分公式が想定している順路)を進んだり、

禁域、嫌な響き

ハイータさん

 

NPCイベントを少し進めたり、ケイリッドの探索を進めたりした。ケイリッドの敵がなんか、、、異様に強い気がする。レアルカリアかケイリッドか、という感じでレアルカリアと同程度の難易度の場所だと思っていたけどそうでもないっぽい。リムグレイブ寄りの地域はまだましだが奥へ行くとどんどん強くなる。

ボスまではスムーズだが、なかなかめんどくさいボス。

何度も死んだが、また砂漠の中をサインを探して駆けずり回るのかと思うと気が遠くなってな……。

これで大ルーンを3つ手にしたことになるけど、それについてギデオンも二本指(エンヤ婆)もノーコメント。なんだよ。2つも取ってすごいみたいな扱いしてたくせに。もっと讃えろ。

星が落ちたところで会おうってブライヴに言われたけど、どこに落ちたん??

 

この後はやっぱりアルター高原かな?

行け行けって言われているし。でももうちょっと探索及びレベル上げをしておきたいような気も(今88)。結構生命力に振っているんだけど、他の値をどうしたらいいのかわからずにいる。FPは遺灰召喚できるくらいあればよいかなという考え。

あとはノクローンへも行けるんだろうけど、なんとなく難易度高そう。どうしようかな〜