エンタメ感想ブログ、

映画、本、漫画、ゲーム、イベントetc、いろいろなものの感想を書いていきます。役立つ情報はありません

たまごっちのこと

今とってもこれがほしい!!

 

Tamagotchi m!x(たまごっちみくす) サンリオキャラクターズ m!x ver.
 

 

ただ、とってもエクスペンシブ……おもちゃの、たまごっちの値段じゃない。

たまごっちは2,000~3,000円のお品でしょ??と思っている私には大きな衝撃です。

でもたまにたまごっちやりたくなるんだよね……。

 

私は第2次ブームの時にまさにバンダイのターゲットだった世代なので、きちんと記憶があるのはたまごっちプラスから。

 

たまごっちプラスの登場からしばらく経った頃、新カラーのももはなが欲しくて欲しくて、発売前から親にしょっちゅう「欲しい」と言っていました。結局発売からそう日が経たずに買ってもらえた記憶があります。やっぱり今でもこのデザインが一番かわいいと思うもん。

 

たまごっちプラス ももはな

たまごっちプラス ももはな

 

 かわいい。

 

次はケータイかいツー!たまごっちプラスですね。

付属のシールでデコレーションできるブルーのやつでした。発売日がちょうど塾の日で、親が朝からトイザらスに並んで買ってくれました。Amazonで見つけられなかった。

 

前に友達と「自分が親になったとき、こどものおもちゃのために朝から並ぶか?」という話になったことがあるのですが、私はたぶん、並ぶこともあると思います。してもらったことは、自分のこどもにもすると思う。

 

 

……さて。

m!x、カラー画面なのもすごいけど、単4電池で動くことにも驚き。だから大きいんですかね。

今のたまごっちは(ケータイかいツーの頃からすでになかったけど)ボールチェーンがついていないのですが、確かに単4電池2本が入ったこれにはボールチェーンの方が耐えられなさそう。私が小さいときはたまごっち複数持ちはそんなに珍しくなく、そういう子たちはボールチェーンで複数のたまごっちをつないで持っていたものですが(私も上記2つを繋いでいた)、今の子はそもそも複数持たないのかも。複数購入を狙った価格設定でもないようだし。単価が高くなったからデザインもかつてほど豊富ではなく、数色の展開にとどまっているのかも。うーん、残念。

 

ももはなの画像を再びまじまじ見た後だと、サンリオコラボのはデザインがかわいくないですね……。中身これで外側ももはなだったらいいのに……。しろうさ・くろうさが出てくるなら迷わず買いでしたが、少し悩んでしまう。ウィッシュミーメルに出てほしいとは言わないから……!

上記2つのたまごっち、デザインがかわいいために数回の断捨離の嵐を生き延び、まだ保管してあるので(電池切れてるけど)高い買い物をする前にもう一度古い方を動かしてみようかな~と思う次第です。

 

自己満足なたまごっち思い出話でした。